• 概要
  • 特長
  • 仕様

非接触眼圧計 TX-20P|特長

簡単・スピーディー。ワンショットで左右眼連続測定が可能 眼圧測定機能に加え角膜厚測定機能が搭載され、さらに進化したフルオート非接触眼圧計

フルオートでの左右眼連続測定機能はそのままに、眼圧測定機能に加え新たに中心角膜厚測定機能が搭載されたことにより、使い勝手と機能が一層向上しました。

角膜厚測定機能搭載

写真:モニター画面の表示例スリット光を用いた中心角膜厚測定機能(パキメーター)を搭載.簡単・スピーディーに眼圧と中心角膜厚の同時測定をすることができます。角膜厚を考慮した眼圧測定が可能なので、緑内障スクリーニングなどに有用です。

眼圧補正機能搭載

写真:モニター画面の表示例眼圧と中心角膜厚を同時測定して得た結果を元に自動計算した補正眼圧値を表示します。レーシックなどで角膜の薄くなった被検眼に対する眼圧値過小評価や、角膜の厚い被検眼に対する眼圧値過大評価を回避できます。

3次元オートアライメント,オートシューティング

画面に黒目の1/4程度表示させ、測定ボタンを1回押すだけで左右眼の眼圧と角膜厚を自動で測定。操作が初めての方でも簡単にそしてスピーディーに検査を行うことができます。
測定モードはフルオートの他、オート、マニュアルを選択可能です。

写真:連続測定の様子

豊富な外部インターフェース

データ出力では、ASCII(HID)フォーマットでの出力が可能なRS-232Cのほか、XMLフォーマットで出力が可能なLANをサポート。また、患者情報入力においては、USB接続のバーコードリーダーや磁気カードリーダー、10キーボードなどに対応しております。

豊富な外部インターフェース

見やすいモニター画面表示

写真:モニター画面の表示例5.7インチカラーLCDモニターには、左右眼の測定値を、信頼度もしくは測定順に表示させることができます。

快適さを追求した新デザイン

フルオートならではのシンプルでわかりやすい操作部を採用。操作がより簡単になりました。

5.7インチカラーモニター

写真:5.7インチカラーモニター検者の目線に合わせて約40°まで角度が変えられるチルト式カラーLCDモニターにより、画面が見やすく、ストレスなく測定ができます。

多機能スイッチ

写真:多機能スイッチモニター右端、下端にはそれぞれモード切り替え、画面切り替えを行うためのスイッチをわかりやすく配置しています。

電動ジョイスティック

写真:電動ジョイスティック電動ジョイスティックを採用。測定時の操作がより簡便になりました。

オートカット印刷

写真:オートカット印刷オートカット機能を搭載、プリントスピードがさらに向上しています。プリンターがパネル前面に設置されたことでより使いやすくなりました。

小型・軽量、省消費電力化

15.0kgと大幅に軽くなりました。(従来機TX-F 20.5kg)また、消費電力も従来機と比べ25%カット、省エネルギー設計となっています。


眼科機器

  • 製品カタログ
  • お問い合せ

このページのトップへ